FC2ブログ
Welcome to my blog

何てこと!

楽しい、楽しい日本滞在も終わり先週の土曜日に帰宅の予定だった私たち。でも我が家へ帰り着いたのは日曜日の夕方でした・・・

帰りの飛行機の出発時間が遅れるとのメールが出発前日に来ました。でも実際はさほど遅れずに出発できるようになりました。しかし、乗務員の労働時間の関係で成田→ヒューストンの途中でサンフランシスコに立ち寄るとアナウンスがありました。あー、長旅になると思いながら搭乗時間になり飛行機に乗り込みました。搭乗し、みなさん席につき、セイフティーのビデオも流れた後に、成田の管制官が協力してくれないからテイクオフの順番待ちが長いのでこのフライトをキャンセルしないといけなくなっと・・・・。はあっ⁉直ぐに出発しないと乗務員の労働時間がオーバーしてしまうらしいのです。安全の為と言うのは分かるのですが、いくら飛行機が遅れたといえども時間の余裕を持って乗務員のシフトが組まれたりはしないんですかね?

乗り込んだ飛行機を降りても次の飛行機はもう無く、一泊しないといけなくなりました。外国の方は入国手続きに時間がかかられたようです。日本人も待たされました。この日は航空会社持ちでホテルに一泊。お昼から何も食べていなかった私達。ホテルについた頃はレストランも終わっててルームサービスのみ。私と娘はそんなにお腹が空いてなかったので次の朝のホテルの朝食バイキングを楽しみに就寝。息子はルームサービスを頼みました。この日は飛行機を乗り継ぎ、もうアトランタまで帰ってきたように疲れてしまいました。

次の日の朝にはアトランタまでの乗り換え便も手配済みで無事に一日遅れで帰ってきました。

Japan trip


このトラブルで一番大変だったのが航空会社のグランドスタッフ達です。客からのクレームに対応し、入国手続きの対応、入国管理官からも色々と言われ、全員分のチケット(乗り継ぎも含め)の手配。ホテル、食事の手配などなどフル回転で大変そうでした。同じスタッフが次の日も対応されていました。まー、こうなったのもその航空会社の都合でしょうが乗務員はさっさとホテルに移動し、地上クルーが後始末をしないといけないのは仕事だといえちょっとかわいそうでした。

行きの飛行機でも食事が手配ミスで1回少なかったり、前日に国内便がキャンセルになり慌てました。(でもこれは悪天気の影響)

あまり評判の良い航空会社ではありませんが、もう少しどうかならないものかと思います。お・も・て・な・し精神を日本から学んだらどうでしょう?

Comments 0

Leave a reply