05
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
15
16
18
19
20
21
22
24
26
28
29
30
   

Allie the chipmunk plice

犬のアリーは常に鳥やリスを探しています。猟犬の血が騒ぐのでしょう。庭に切った丸太が積んであり、そこにシマリス(chipmunk)が居るようなのです。他にも地面に埋めてあるパイプを行ったり来たりしているようで、そのパイプが地面から出ているところが何か所かあり、外に出るたびにアリーはその丸太とパイプ何か所かをチェックをします。なので私達は、アリーの事をchipmunk police (シマリス警察)と呼んでいます。毎日の巡回は欠かしません。最近は外に出るたびに監視しています。
chipmunk police 
このように長い時間シマリスが出て来ないか見張っています。この場所に座り込んだり、寝そべっていることも。

chipmunk police 
物音がすると木の間に顔を突っ込んで匂いをかいで確認。

残念ながら今だにシマリス確保には至っていません。もう少し!という時はありました。まだシマリスの方が賢いようです。そんなアリーですが、今日は鳥を持ってきました。朝、娘が騒いでたので、またアリーが来げ出したか?!と思いましたが、そうではなく鳥をくわえてサンルーム(スクリーンポーチ)まで持ってきたのです。鳥はもう死んでたので死んでた鳥を見つけて持ってきたのか、たまたまラッキーに捕まえることが出来たのかは分かりません。さすが鳥猟犬、飼い主の所に取った獲物は持ってくるんですね~。鳥が触れない私達。昨晩遅く帰ってきてまだ就寝中だった息子を起こして取ってもらいました。朝からドタバタでした。

アリーの犬種であるポインターは、猫のような行動を取ります。だいたい犬はリスなどの小動物を見つけるや否や追いかけて行きますが、この犬種は獲物を見つけると低姿勢になってゆっくり様子を見ながらそっと近づいて行きます。それと獲物に向かって片方の前足を上げてポイント姿勢。獲物を狙っている時は決して吠えたりもしません。獲物が動かなければ5分でも10分でもじっとポイントして待っているのがこの犬種の特徴のようです。私が昔飼ってた犬達とは本当に違います。散歩の時も毎日、鳥やリスを見つけると途端に歩く速度が遅くなり低姿勢になって一点を見つめて静かに獲物めがけて進んでいきます。他のおりこうさんな犬のように、散歩の時に進む方向一点を見て脇見、寄り道せずに歩けないものかと思う日々です。


プロフィール

saki mama

Author:saki mama
訪問ありがとうございます。
ジョージア州アトランタに家族(夫、子供達)と共に2009年夏に引越してきました。日々の何でもない事ですが綴って行きたいと思います。

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

RSSリンクの表示

フリーエリア

ブログ更新の励みになりますので、クリックお願いします。 にほんブログ村 海外生活ブログ アトランタ情報へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

QRコード

QRコード

リンク